ブラックリスト中にクレジットカードを借りることは可

subpage-img

世の中には前科者という人たちがいます。



一度でも警察の世話になり実刑判決を受けた人です。
仮に執行猶予が付いてたとしても、前科者と言われています。

金銭面ではどうでしょうか。
お金の滞納は犯罪ではないにしても、先駆者と同じような扱いを受けることがあります。



例えばたまたま一回だけクレジットカードのキャッシングで、返済が遅れてしまったぐらいであれば問題ありません。


ですがクレジットカードでキャッシングを2回続けて返済しなかったとすれば、督促状が来て滞納という形になってしまいます。一回の場合はミスで済ませられますが、2回続けて滞納するということはお金を払う意思がないと判断されても仕方ありません。


これに対して、忙しかった、忘れていたという言い訳をする人もいるかもしれません。
ですが、お金に関することで言い訳をしてしまうということは、それだけお金に関する意識が薄いということで、金銭的なあるいは経済的な信用がないと判断されるのです。そうだとすればクレジットカードのキャッシングなどで2回続けて滞納してしまうと、ブラックリストに載ると思って間違いないでしょう。
ではブラックリストに載っている最中はお金を借りることはできないのでしょうか。
基本的には借り入れることはできません。


ですがキャッシングをしてくれる会社もあります。闇金やクレジットカード現金化などはこれにあたりますが、それ以外の合法で経営しているところも貸してくれるところはあるのです。



top