ブラックリスト者はクレジットカードを作れるか

subpage-img

世の中にはいろいろな噂がありますが、その中の一つにブラックリストというものがあります。
ブラックリストとは黒いリストのことですが、借金の返済できずに債務整理をした場合や時効消滅させて債務を踏み倒した場合などにその人の名前はブラックリストに載るといわれています。

ですが実際にブラックリストという名前のリストありません。
例えばクレジットカードを所有しており、そのクレジットカードにキャッシング機能が付いていてそのキャッシング機能を利用してお金を借りたとします。
ですが、期限までに返済できず債務整理をすることになった場合、その人はブラックリストに載るわけではありません。

ブラックリストというのはモノをたとえになります。


実際に信用情報会社がそのようなリストをもっているわけではないのです。



ただし、一度でも債務不履行を起こしたり督促状が来ているのに無視して滞納し続けた場合、時効消滅させて債務を踏み倒した場合には、信用情報会社の情報にのってしまいます。
債務整理をした場合でも、任意整理と個人再生の場合であれば5年間信用情報を会社の情報に載り続けます。



つまりこの段階でほかの会社からクレジットカードを作りお金を借り入れることはできません。

もちろん例外はありますが、ある程度名前の通ったところはまず借入できないと思って間違いありません。

もし自己破産の場合にはなら年間借り入れができません。



踏み倒した場合は一生借り入れをすることはできません。

top