クレジットカードを申し込む場合に必要な書類

subpage-img

これから新たにクレジットカードを申し込むことを考えている人にとっては、どのような提出書類が必要なのかが見えにくいものです。
申請するカード会社やカードのグレードによって必要書類が異なりますが、一般的にはどのような書類が必要になるのかを確認しておきましょう。
必ず提出が必要となるのが、カード利用者本人が確認できるための書類です。
信頼性の高い公的な証明書が必要となります。



本人確認書類としては運転免許証がもっとも確実です。
住所氏名生年月日と本人写真という本人確認のために必要な項目がもれなく記載されており、コンパクトであるために、クレジットカードの申請時にコピーしたものを添付して送るだけですので簡単です。

ウェブ上で手続きを行う場合は、カメラ付きスマートフォンなどで撮影し、ファイルを添付することで完了する場合もあります。

運転免許証をお持ちでない場合は、パスポートや住民票の写し、マイナンバーカード、健康保険証などでも可とするクレジットカード発行会社は多いものです。



念のために申請前に確認しておくことをおすすめします。


もちろんこの本人確認書類以外に、入会申込書が必要となります。



すべての項目を必ず正確に記入するように気をつけましょう。


銀行の支店名や口座番号、銀行への届け印なども間違いがあると不受理となるので提出前に確認が大切です。

また、未成年者の方が申込みを行う場合は保護者の同意書などが必要となります。

詳細は各クレジットカード会社のホームページで確認し、書類の不備とならないように気をつけましょう。

top